CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

机上の戯言

小説が趣味な管理人のブログです。
<< 小説の話。 | main | 忘れた頃にやってくる >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 釈明、

カルテット。奴が出ました。

釈明しなければならないことではないんですが、一応妙な形で出てきた妙な人物なので、自己満足ながらここにて釈明の余地をいただきます。

まず、端的に事実だけを述べると、


紛うことなく、奴はヒラギに登場してきた例の彼です。


世界の色、ヒラギのイロにて重要な役割を担っていた人物ですが、如何せん彼についての謎や疑問が残りまくってしまったので、こんな風に解決しようと思います。尚、前作の設定や物語は一切引っ張らないつもりですので、ヒラギに於ける彼の役割が物語を先導するものだとしたら、今回の彼は彼自身がことの中心になる形です。

もう、達観はさせないぜ、お兄さん。

ということで、空が主役の第五章。始まりました。

視点が空なんで解りにくいですが、前述の設定を完結に示すと、


主役、棺木。
ヒロイン、空。

て、ことになります。
彼については深く掘り下げて、謎だった部分を明らかにしていこうと思います。


一応、自分が書く作品は全部共通した世界観を持たせてるつもりなんで、ちょっと前にも「世界の中心」とか「イロ」とかがちょこちょこ出てきてます。全部、今回の為です(後付)。

そんなわけで、一番謎だった存在、棺木さん、丸裸にしちゃいますんでよろしくお願いします。
しかし、何回書いてもしっくりこない男だな、こいつ。


・戯言シリーズ

金欠に鞭を打って、現在第三巻「クビツリハイスクール」を購入。

今までと比べて明らかに分量が少ない。その分お値段もお安くなっているんですが、でもこれ、電撃とかのページ数より100ページは少ないです。値段で言うなら電撃、スニーカーその他ライトノベルの方が安いんですか、その辺、文章が二段になっているところなどが関係してるんでしょうか。

だんだん「ぼく」に毒されてきてる気がしてなりません。

| - | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| - | 16:19 | - | - |









http://harenohi-sora.jugem.jp/trackback/48